ファッション

手ぶら通勤のススメ

おざます。カラカミです。

皆さんは通勤時にカバンを持ちますか?

まあ大多数の方は持つと思います。

カバンの中身はどんなものが入っているんでしょうか?

財布、スマホ、ミント系、携帯ゲーム機、折り畳み傘、ハンカチ、ティッシュ、文庫本等々。

皆さんのカバンに入っているのはこんな感じですかね?

僕はというと通勤時の荷物はほとんどありません。

手ぶらで通勤しています。

この記事では手ぶら通勤の良さを皆さんにもっと知っていただくために、僕が何を持って通勤しているか、そして手ぶら通勤がおすすめな理由を紹介していきたいと思っています。

 

僕の通勤時の持ち物

マネークリップ(カードホルダー付)

まず、マネークリップにはカードが4枚収納可能なものを使っております。

これはドリスヴァンノッテンのマネークリップです。

 

 

 

 

 

 

この中に職員証、免許証、クレジットカード、キャッシュカード、そして千円札を1枚だけ入れています。

これだけあれば昼ごはんは千円札1枚で何とかなるし、お釣りはポケットに直接入れてます。

デスクに戻れば引き出しにお釣りを入れておき、帰宅時まで保管、帰宅後に貯金箱にぶち込むだけ。

急に飲み会が入った時はキャッシュカードでお金をおろせば問題ありません。

でもこのマネークリップ、お札を入れるときは4つ折りにしなければ収納できないのが玉にキズですが、まあそこは我慢してます笑

スマホ(iPhone XS)

次にスマホですが、僕はiphoneXSを使用しています。iphoneXSはApple Payを使うことができるため、モバイルSuicaとクイックペイでほとんどの問題をクリアできます。

公共交通機関はモバイルSuicaがあればほぼ全て問題なく乗り降りできるため、これさえあれば何ら問題はありません。

煩わしい定期券を持つ必要もありませんし、何よりモバイルSuikaは手軽にスマホだけでチャージができるので、券売機に並ぶ必要もなく、とても快適です。

コンビニに行った時の支払いでは、クイックペイで済ませるので問題ありません。

大手コンビニチェーンだけでなく、駅の中にある比較的小さなコンビニでもクイックペイは使用できるので困ることはないでしょう。

仮にクイックペイが使えない場所(昼飯、飲み会での飲食店)などに行くときには、マネークリップの中にある千円札もしくはキャッシュカードで下ろせばクリアです。

ハンカチ

健全な男子たるもの持っていなければなりません!笑

僕はH Tokyoのハンカチが大好きで集めています。ここのデザインのハンカチはシンプルな柄物からユニークなものまでたくさんの種類がありますし、日本製にこだわって作られています。かといって生地も全て日本製かと言われればそうではない。海外から輸入した生地やヴィンテージのものまでたくさん存在します。

製造過程や生地の背景まで知ることのできるハンカチはなかなか無いのではと思います。

そして僕がハンカチを持つきっかけになったのがこの映画です。

アン・ハサウェイ演じる大手ファッション通販サイトの社長ジュールズのもとにシニアインターンとしてやってきたロバート・デ・ニーロ演じるベンが劇中でこう言います。

「ハンカチは女性が涙した時に渡すために持つもの」と。

かっこよすぎだろ笑

この映画をみてハンカチを持つことにかっこよさを感じた僕は、普段からきちんとアイロンのかかったハンカチを持つようになりました。(もちろん自分でアイロンする)

確か劇中で自分で使用する1枚と渡すための1枚、計2枚をベンは持っていたように思います。

流石に女性にハンカチを渡すことタイミングなんてそうそうやってこないので、僕は1枚しか持っていませんが笑

家の鍵とイヤホン

鍵とイヤホンはそのままポケットに突っ込んでます。そして職場の引き出しにぶち込むだけです。

ここについては。。。書くことないですね笑

手ぶら通勤がおすすめな理由

僕の職場は自宅から最寄り駅まで徒歩15分、そこから電車で2駅のところにあるのですが、自宅から駅までの朝の時間がとてもリラックスできます。

何も持っていないという開放感を得ることができますし、今から仕事であるということを忘れそうなくらいの身軽さなので、朝の散歩くらいの感覚で通勤できます笑

周りの人たちが大きなカバンを持って通勤している中、ちょっとした優越感を得られます笑

まず、カバンを失くさないという最大のリスクヘッジが実現可能です。(いや、おおげさおおげさ)

本当のストレスフリーとはこのことではないでしょうか。

また、僕の職場はビジネスコードが結構ゆるいので、この時期であればポロシャツとチノパンにスニーカーを履いて仕事をしています。

そんな服装に手ぶらが合わさって、ラフな雰囲気がムンムンですわ笑

まあ通勤時はたまーに変な目で見られますけど、それも逆に気持ちいいです笑

 

手ぶら通勤でのダメっぽい面

筆記用具はまず持てないですね。

全てをスマホで完結させなければならないという面では、紙とペンがメインであるという考えの人は辛いかもしれません。

ただ、スマホのメモ機能さえあれば余裕でクリアできますし、どうしても紙とペンがいいという方は職場に置いておけばいい話です。

あとはスマホで全てを完結させてやるという気概が必要かもしれません笑

現金決済しかできない状況であれば、必然的に荷物は多くなってしまいます。

なるべくスマホで完結させなければ手ぶら通勤の実現は難しいと思われます。

そして最後に必要なのは勇気ですね笑

やはり「最悪なんとかなるだろ精神」は必要なんじゃないでしょうか笑

でも、我らが誇るべきこの超絶怒涛先進国日本でお金とスマホが無いとしても多分なんとかなると思うんです。

タクシーつかまえて「金持ってないけど目的地着いたらちゃんと払うんで乗せてください!」と言えば乗せてくれますし笑

まあさすがにこれは言い過ぎなところもありますが、正直、スマホがあれば大体は完結できます。

 

最後に

色々述べましたが、やはり手ぶらで通勤することの最大のメリットは開放感です。

両手に何も持ってないというあの快感、一度経験する忘れられないと思います。

この「開放感」だけのために手ぶらで通勤する意味はあると思います。

もちろん周りの目、職場の上司からの意見等色々あるでしょうが、そもそも時代がキャッシュレスに向けて動いているというのにそれに対して何もしないというのは如何なものか笑

是非とも皆さんにも手ぶら通勤というものを体験していただきたいです。

それでは、あざした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です